■株価げっちゅ君

株式投資を行っていると、日々更新される株価の取得が必須になります。自分の手がける銘柄のチェック、あるいは、過去のデータの検証、システムトレードの検証など、様々な場面で株価のデータは欠かせません。

しかし、証券会社や日々の株価を提供するサイト、大手サイトの無料ファイナンス情報など、どのようなサイトでも、まとめて日々のデータをダウンロードできるようにはなっていません。
自力で毎日欠かさず記録するのは非常に大変で、記録すると挫折の原因ともなります。

株価げっちゅ君は、自動的にYahooファイナンスを巡回し、全銘柄の上場銘柄の過去の株価と最新の株価を自動的に取得します。





■自動的に取得を開始する機能、取得後に終了する機能があるので、毎日、タスクスケジューラで起動するかスタートアップに登録しておけば、日本市場終了後に自動的に動作し、その日の株価(始値、高値、安値、終値)と出来高を取得し終了します。

■データ取得は最大12スレッドで同時取得を行い、高速にデータを取得しますので、速度の問題にわずらわされることもありません(※1)。

■保存されたデータは最も汎用性の高いMicroSoft ExcelのCSV形式で保存されます。

■一定の日数間隔でYahooファイナンスを巡回し、全ての上場銘柄が存在するかをチェックします。
これにより、新規上場銘柄の追加や、上場廃止銘柄の削除も自動的に行われ(※2)、常に銘柄一覧リストを最新に保つことができます。チェックする間隔は日数で指定できます。自動チェックをオフにして、ユーザーが手動でチェックすることも可能です。

※1:取得速度は動作環境に依存します。
※2:既に存在する株価のデータファイルは削除されません。

■ちゃ〜た〜


トレーディングのテクニカル分析にはチャート表示が必須です。取得したデータは、チャート表示ソフト「ちゃ〜た〜」で表示して検証できます。



■チャートの表示は、星足(終値ベースの折線グラフ)とロウソク足の両方が表示可能なので、お好みの表示で活用できます。
ちゃ〜た〜の機能はそれだけではありません。あらゆる表示がカスタマイズ可能です(後述)

※チャート表示は日足のみです


■普段よく使う銘柄は「お気に入り銘柄リスト」に登録しておけます。

リストに登録した銘柄は、メインウインドウのドロップダウンから選ぶことでワンクリックでチャートを表示できます。

■銘柄コードがよく分からない場合は、銘柄の名称から探してチャートを表示することもできます。

ちゃ〜た〜では株価げっちゅ君で取得した全ての銘柄名称を一覧表示しますので、お好きな銘柄を選択するとチャートが表示されます。

リストでは、名称だけではなく銘柄コード、名称、貸借区分、売買単位、市場などの詳細なデータが表示されます。

銘柄リストをダブルクリックすると、簡単にチャートを表示できます。


■ロウソク足の陰陽線、枠、グリッドの色、ロウソクの間隔、背景の色、フォントの色、折れ線グラフのラインの太さ、出来高グラフの色など、チャートの色は、ほとんど全てのパートを自由に設定できます。
モノクロからカラフルなものまで、自分専用のチャートを作ることが可能です。背景色は単色とグラデーションから選択できます。移動平均の表示設定や日数などもトレーディングスタイルにあわせて自由に設定出来ます

出来高、移動平均線、価格データや終値ラベルなども表示できます。

ユーザーが支持線や抵抗線、サポートラインなどのテクニカルラインを描画して検討することも可能です。

ソフト概要 | 特徴 | 仕様 | ギャラリー| ご購入 | ダウンロード
inserted by FC2 system